スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.02.24 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    予想外の組み合わせ

    0

       新種恐竜は骨格の一部にベロキラプトルなどの肉食恐竜と同じ特徴がみられ、足には鋭いかぎ爪があった。体高は約1.2メートルで、ペンギンのように水中で巧みに移動するためのひれ状の前肢と、狩りに適した、ハクチョウに似た長い首を持っていた。

       

       イタリア・カペッリーニ地質学博物館(Capellini Geological Museum)のアンドレア・カウ(Andrea Cau)氏は「標本を初めて調査した時は、本物の化石なのかと疑ってしまった」と話す。「このような特徴の予想外の組み合わせは、ハルシュカを従来の分類に組み込むのを困難にしている」

       

       今回発見された新種は、恐竜の新たな亜科「ハルシュカラプトル科」に分類される見込みだ。

       

       ハルシュカラプトルの発見をめぐってタフォロ氏は、「これまでにも、スピノサウルス(Spinosaurus)などの魚を食べる恐竜がいたことは知られていたが、水中を泳ぐ能力があるとまでは考えられていなかった」と話した。映画『ジュラシック・パーク3(Jurassic Park III)』には、スピノサウルスがティラノサウルス・レックス(T・レックス、Tyrannosaurus rex)を襲うシーンがある。


      画家の数年前の作品と比較してもさらに巨大になった斑点による点描

      0

         また、ジョルジュ・スーラが活躍していた頃は元より、画家の数年前の作品と比較してもさらに巨大になった斑点による点描も、その印象をより強めている。

         本作に見られる非現実的ながら美しさと心象に溢れた展開は、スーラが提唱し、画家が決定的に影響を受けた科学的根拠(色彩学)に基づいた新しい描写理論から、それ以前のクロード・モネやギヨマンの典型的な印象主義的描写法への(ある種の)回帰とも考えられる(実際、シニャックは1894年に記した自身の日記の中でモネの感覚的な色彩配置を賞賛している)。

         

         なお本作以外にも『サン=トロペの港、満艦飾の帆船』などサン=トロペの港を描いた作品が数点ある。


        再婚相手と考えていたマリーな名前が記されていたことが知られている

        0

           本作の原題は『私自身、肖像=風景』であり、画家は風景(背景)と肖像を一体とすることで、それまでに類のない(画家独特の)独創的な自画像の世界観を表現し、新たなる絵画的展開を開拓した。

           

           さらに本作の中で画家が手にするパレットにはクレマンス(本作が制作される二年前に亡くなった妻)、ジョゼフィーヌ(クレマンスの死から9年後に再婚した二番目の妻)と二人の妻の名前が記されており、ジョゼフィーヌ部分は後の書き加えられたものであるが、かつてはクレマンス亡き後、再婚相手と考えていたマリーな名前が記されていたことが知られている。

           

           また襟元の教育功労勲章も1901年、芸術愛好学校(エコール・ド・ラソシアシオン・フィロテクニック)の教師に任命された際に書き加えられたものである。さらに本作の左上部分に描かれる上空の太陽の表現に、歌川広重による版画集『江戸名所図絵』の影響が指摘されている。


          << | 2/41PAGES | >>