アートをもっと身近に!絵画やハンドメイド作品

油絵用キャンバスにデジタル・プリントした高品質な複製画。複製に使用するマスター画像はその作品を所蔵している美術館や版権所有者からの最高品位のものです。様々なお祝いのプレゼントとして人気があります。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
0
    筆触を強く感じさせる赤々としたひなげしの花

    ひなげしの咲く丘を下る母子。この母子は画家の妻であるカミーユと息子ジャンをモデルに描かれたことが知られているほか、本作は≪アルジャントゥイユ≫各所の風景を(一時的であるが)画家は精力的に画題として取り組んでいた時代の作品の中でも特に著名な作品のひとつである。

     

    筆触を強く感じさせる赤々としたひなげしの花。ほぼ中央から上下に分けられる本画面は、上部が空の青色と雲の白色が、下部がひなげしの赤色と叢の緑黄色がほぼ全面的に支配しており、特にひなげしの赤色と空の青色との鮮明な対比関係は観る者に爽快感と強い印象を与えている。

     

    丘の上に描かれる、もう一組の母子。1874年に開催された第一回印象派展に出品された本作は、しばしばルノワールの『草原の坂道(夏の田舎道)』との関連性・類似性が指摘されているよう、夏のアルジャントゥイユ郊外の坂道を日傘を差した母娘らが下ってくる姿を描いた作品である。

    | - | 11:31 | comments(0) | - | - |
    0
      高級ホテル「サウジ特需」 王族ら1千人伴い国王来日へ

       世界最大級の石油産出量を誇るサウジアラビアの国王が12日、約半世紀ぶりに日本を訪れる。中東の産油国の首長の外遊は豪勢なことで知られ、今回も1千人を超える王族や企業幹部らが同行。東京都内の高級ホテルの客室は予約で埋まり、移動のための高級ハイヤーが多数確保されるなど、ちょっとした「サウジ特需」になっている。

       

       来日するのは、サルマン国王(81)。15日まで滞在し、安倍晋三首相とも13日に会談する予定だ。

       

       5日の東京・羽田空港。チャーター機から、エスカレーター式の特製タラップが降ろされた。関係者によると、高齢のサルマン国王が日本到着時にスムーズに飛行機から降りられるよう、サウジ政府が手配して運んだものという。

       

       今回の国王来日は、1971年5月のファイサル国王以来、46年ぶり。王子と閣僚それぞれ10人前後に加え、王族や企業幹部らも随行。その数は1千人を超えるとみられるが、日本政府も正確な人数は把握できていない。

       

       日本政府関係者によると、昨年9月に国王の七男ムハンマド・ビン・サルマン副皇太子(31)が来日した際は、約500人が13機の飛行機に分乗。約200台の車両が確保された。今回は、その倍の規模が予想されている。

      | - | 15:06 | comments(0) | - | - |
      0
        その探求と表現に生涯を捧げる

         印象派の中で最も名が知られた同派を代表する巨匠のひとり。自然の中で輝く外光の美しさに強く惹かれ、その探求と表現に生涯を捧げる。

         

         混合させない絵具での筆触分割(色彩分割とも呼ばれ、細く小さな筆勢によって絵具本来の質感を生かした描写技法)によって自然界の光(太陽光)と大気との密接な関係性や、水面に反射する光の推移、気候・天候・時間など外的条件によって様々に変化してゆく自然的要素を巧みに表現した作品を手がける。

        | - | 15:58 | comments(0) | - | - |
        RECOMMEND
        PR
        NEW ENTRIES
        ARCHIVES
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        OTHERS
        このページの先頭へ